1. ホーム
  2. 雑務・効率化
  3. ≫固定費を見直す事で収益も上がる

固定費を見直す事で収益も上がる

ゴールデンウイークはどうでしたか?

こんにちは、HIRAIです

今年のゴールデンウイークは
9連休を取り、家族旅行や
久々に地元の友人と会ったりと

オフモードで過ごしました!

今日から業務開始で、
10日ほどお休みしてたメルマガも
どんどん配信していきますね。

固定費を見直して収入アップ!

この連休中は、空いた時間で
物販ビジネス全体の見直しを
しました。

特に、固定費の見直しです。

最近は管理表を自作し、
かなり精度が上がったことで、

物販ビジネス全体の
見える化がしやすくなりました。

そこで、4月までの固定費を
チェックし

無駄な固定費はないかと

固定費をどこにかけたら
もっと収益アップにつながるかを
見直しました。

固定費ってなに?

固定費とは、例えば

  • 通信費
  • ドメイン代
  • 人件費
  • Amazonの出店料
  • 広告費

と言った、売れても売れなくても
必ず発生する費用を指します。

ついでに、変動費とは例えば

  • 送料
  • Amazonの販売手数料

というように

売り上げ(生産量・販売量)に
比例して増減する
経費のことを言います。

簡単にいうと、
売れば売るほどかかる費用と
覚えておいてください。

ちなみに、広告費って
変動費じゃないの?
と思われがちですが

広告をかけたからって
必ず売れる訳ではないので
固定費扱い
とします。

固定費=悪 じゃない。

税理士さんに相談するとよく

収益を上げようと思ったら
「固定費をもっと下げましょう」

と言われます。

そのため

固定費=悪

と思ってる方もいますが

かけることで収益アップに大きく
つながる必要な固定費
もあるので
一概に固定費=悪とは言えません。

この連休中に
固定費の見直しをしたところ

広告費と、各販路運営における
ちょこちょこした固定費の見直しが
必要と感じました。

広告に関しては、費用対効果の
悪いものがいくつか見つかりました。

費用対効果の悪い広告を見直し
改善する事で

広告費はかければかける程
収益アップにつながる
良い固定費
になります。

将来性が感じられないと思ったら、、、

各販路運営における固定費は
合計6店舗運営してる中で

固定費もかかり、
業務も複雑になっているのに

思いの外収益が上がっていない
販路もあります。

そこをそのまま続けるべきか
もしくは思い切って辞め

うまく言ってるところに
リソースを集中した方が
良いのか・・?

うまく言ってないと言っても
利益が毎月コンスタントに
出ているなら辞めるのは勿体無い

と思う方は多いですが

将来性が感じられないと思ったら

何処かのタイミングでスパッっと
辞めてしまうのは
良い判断
と言えます。

こんなことを
数字とにらめっこしながら
考えてました。

定期的に固定費の見直しを

こうやって定期的に全体を見直し
どうするかをスタッフの意見も
聞きながら決めるのが僕の仕事です。

こういう作業って直接利益に
直結しないと思い、
後回しにしがちですが

放置し続けると積み重なり
大きな損失にもつながる
ので

僕は重要視しています。

参考になればすごく嬉しいです!
今日も最後まで読んでいただきありがとうございます!

追伸

固定費や変動費など
物販ビジネスに特化した
数字を学ぶなら

この本がおすすめです!

「数字」が読めると本当に儲かるんですか?

(僕が超おすすめする
 本の中の1冊)

著者の古屋さんは
数字が全然読めず物販やってて
倒産寸前だったところから

これじゃまずいと思い
数字の勉強をし
事業を黒字化させた方です。

この本を読み、かなりよかったので
会いにも行きました。

なんでこの本書いたんですか?
って聞いたら

「自分が数字でかなり苦労したから

 通販やってて同じような事で
 困ってる人かなりいるんじゃ
 ないかと思ったから」

と言われました。
確かにかなりいるでしょうね・・

お気軽にお問い合わせください。

メールでのお問い合わせはこちら

メルマガ登録

稼ぐ情報盛りだくさん!無料メルマガ購読