1. ホーム
  2. 未分類
  3. ≫安売りすることのリスク

安売りすることのリスク

こんばんは

●今日のテーマは「安売りすることのリスク」です

物販ビジネスをしていて
安売りをしたことはありますか??

例えば
・Amazonでライバルの価格に合わせて値下げする
・お客さんから値引きを求められ仕方なく行う
・在庫処分の為安くして裁く

多分、物販ビジネスをしている方の
ほとんどが経験あると思います。
(もちろん、僕もバリバリあります)

安売りって売り上げを上げるには手っ取り早い
方法ですが、クセになると危険です。

売り上げは上がってるのに利益があまり
出ていない人の多くは、安売りしすぎが
原因ということはよくあります。

実は、弊社も今年の2月くらいにこの現象が起こりました。

売り上げは問題ないのに、なぜか思っている以上に
利益率が低い・・・

原因を調べたところ、特定の常連客への
値引きのしすぎが原因でした。

これらの月は、新規顧客の注文が
いつもより少なかった為にこの現象が
起こりました。

弊社はリピーターやビジネスパートナー登録を
している人へ、一定の基準は設けているものの
割引販売したり卸価格を提供したりしています。

最近は、本当リピーターの方が多く
電話やフェイスブックメッセージで
「いつものこれ」みたいな簡易的な注文も増えています。

とてもありがたいことですが
あまり仲良くなると

「まあこの人ならいいか~」

と、つい値段でサービスしてしまう傾向も時にありました。

そして、これはスタッフにも言えることで
社内でこんな会話も時に飛び交っていました

スタッフ:いつもの〇〇さんだから5%OFFでいいですよね~

HIRAI:いいよ~

※もし、同じような傾向がある方は要注意です!

まあ、この雰囲気を作ったのは僕だったので
スタッフは悪くありません。

このように、安売りを習慣化するとビジネスはしんどく
なっていきます。

これは昔からよく思ってることですが
人を幸せにしたいと思ったらまず自分が幸せである
必要があります。

自分の心が満たされていない人に
人を幸せにする余裕はないと思います。

ビジネスも同じで、本気で良い商品やサービスを
提供して人に喜んでもらいたいと思うなら
まず自分自身が満たされている事が非常に
重要です。

自分がしんどくなる安売りは
良いサービスを提供できなくなり
お客さんにも離れられる傾向があるので
要注意です!

商品やサービスを適正価格で提供し
価格以上の価値を感じてもらえ、
リピートしてもらえるというのが
理想的で

僕が目指してるところです。

あと、値下げしてでも数売って
売り上げを上げるより

値下げせず何らかの付加価値をプラスして
価格を上げる方法を考える方がよい結果が
出やすいです。

ここは頭を使う部分になりますが
人に喜んでもらいながら、価格も上げる方法を
考えるのってワクワクしますので

是非うまくできた時の自分の心境を
イメージしながら楽しく行ってみてください!

参考になればすごく嬉しいです!

追伸

昨日、外食して家に戻ったら
なんとカバンがありませんでした・・・

大事なノートパソコンと、5万円くらい入ってた財布
数百万使えるクレカ3枚が入ってるカバンでしたので

かなり焦りましたが・・・

冷静に考えたら、飲食店の席に置きっぱになってると
気づき、即電話しました。

すると、カバンは無事保護されていたので一安心。

すぐに取りに行きました。

よかった~!

カバンを手にした瞬間、すごく良い気分でした。

今日も読んでいただきありがとうございました!

お気軽にお問い合わせください。

メールでのお問い合わせはこちら

メルマガ登録

稼ぐ情報盛りだくさん!無料メルマガ購読