1. ホーム
  2. 国内、海外メーカー取引
  3. ≫【初心者向け】国内メーカー仕入れの始め方を6つのポイントで解説

【初心者向け】国内メーカー仕入れの始め方を6つのポイントで解説

【初心者向け】国内メーカー仕入れの始め方を6つのポイントで解説

こんにちは、HIRAIです。

今回は国内メーカー仕入れでゼロから月収10万円稼ぐ方法をお伝えします。

メーカー取引というと、副業とか個人でもできるかと心配される方がいます。何百万円の資金や多くの在庫を持たないといけないと思われているからです。

 

結論からいうと、副業や個人でもできます。なぜなら、資金が数万円からチャレンジできるメーカーが多いからです。

 

そこで今回は国内メーカー仕入れにはじめてやる方へ向けて、どのような手順でおこなえば稼げるのかをお伝えします。

初挑戦の人でも月収で10万円以上は十分可能ですし、さらに月収30~50万円、100万円も狙っていけますので、ぜひ最後まで読み進めてみてください!

国内メーカー仕入れで稼ぐ方法~一連の流れ~

国内メーカー仕入れで稼ぐ一連の流れをまとめました。

  1. 国内メーカー仕入れって何なの
  2. メリット・デメリット
  3. 儲かるメーカー商品の見つけ方
  4. 仕入れ交渉のやり方
  5. 販売方法
  6. 稼ぐためのコツ

この手順で1つずつ解説していきます。

1.国内メーカー仕入れって何なの

国内メーカーさんから直接商品を仕入れて、Amazonで販売して稼ぐ方法です。

「転売と何が違うの?」と聞かれます。

転売との比較表をまとめましたので、こちらをご覧ください。

転売だと小売店から仕入れて、小売で販売することです。そのため、利益が少なくなってしまうことも。

 

メーカー仕入れだと、直接商品を仕入れて販売するため利益率が高いんですよ。

2.メリット・デメリット

ここでは、国内メーカー仕入れのメリットとデメリットを紹介します。

まずはメリットをご紹介します。

メリット

メリットは、こちらです。

  • 国内で取引が完結するので安心
  • 個人・副業でもできる
  • 小口での取引ができる
  • リピート仕入れなので管理が楽
  • 独占販売やOEMでもチャレンジが可能

順番に解説します。

国内で取引が完結するので安心

物販の商品は海外から輸入されることがあります。たとえば、中国や欧米など。

海外からの取引だと、不良品が多く箱がデコボコで届くこともあります。またやりとりが英語や他の外国語で、コミュニケーションにストレスを感じることも。

物販の経験がある方には、あるあるだと思います。

 

その点、国内メーカー仕入れだとすべて日本語での対応ですし、商品もすぐに届き不良率も限りなく少ないでしょう。

安心して仕入れができるのが、大きなメリットですね。

個人・副業でもできる

メーカー仕入れだとAppleやSONYなどのような大きなメーカーさんから仕入れるとイメージする方もいるでしょう。

しかし、僕らが狙うメーカーは無名だけどAmazonだとよく売れているようなニッチな商品を出品しているところです。

 

小さな会社やメーカーさんの場合が多いので、個人や副業の方でも十分チャレンジできますよ!

小口での取引ができる

メーカー仕入れというと、数十~数百万が必要だと思う方もいるかもしれません。

国内メーカー仕入れだと、2万円から送料が無料という条件を提示されることも。そのため、あまり気負わずにチャレンジできるのではないでしょうか。

 

意外と小資金・小ロットから仕入れて販売できますよね。

リピート仕入れなので管理が楽

転売だと1度商品が売れてしまうと、別の儲かる商品をリサーチしてまた販売する、このような流れです。

 

メーカー仕入れだと、1回利益の出るメーカーさんを見つければ、あとは同じ商品をもう1度仕入れるだけ

リピート発注ができるので、リサーチの手間がどんどん省けますよ!

独占販売やOEMでもチャレンジ可能

国内メーカー仕入れだと、独占販売やOEMにチャレンジすることも可能です。

メーカーさんの商品をあなたがAmazonde独占的に販売したり、パッケージを変えてオリジナル商品として販売することです。

多く稼げるチャンスですので、大きなメリットですよね。

 

以上、5つのメリットを紹介しました。ここからはデメリットを紹介します。

デメリット

国内メーカー仕入れのデメリットは、こちらです。

  • 稼げるまでに時間がかかる
  • 人っけが必要なビジネス
  • 基本有在庫なので資金ゼロだとチャレンジするのは難しい

1つずつ紹介します。

稼げるまでに時間がかかる

転売や無在庫販売などは、はじめの利益がでるのに1か月程度ですが、メーカー仕入れの場合はもう少しかかります。

なぜなら、メーカー仕入れは積み上げ式だからです。はじめの1か月は儲かるメーカーさんをひたすら探します。

 

そのため1か月以内に利益をだすのは、かなり難しいでしょう。

もし1か月以内に大きなお金が必要な人には、国内メーカー仕入れは向きません。

初心者であればまずは実践して毎月コツコツリサーチして、よいメーカーさんを見つけていく。

 

よいメーカーさんを見つけて、よい関係が気づければどんどん利益も上がります。長期的に稼げる土台を作りたい人には、メーカー取引は向いているでしょう。

人っけが必要なビジネス

メーカー取引は、メーカーの担当者さんや社長さんとコミュニケーションをとるのが不可欠。

メーカーさんとよい関係性をつくることで、他にはない有利な条件をもらえたりします

 

メーカー仕入れで稼ぐポイントなので、「人と関わるのが嫌い」「ツールとかを使って人と一切かかわらずに金稼ぎたい」みたいな人は、あまり向いていません。

営業はやったことがないけどチャレンジしてみたい人は、ぜひ挑戦してみてください。交渉やコミュニケーションが苦手な人でもできるやり方もありますよ。

基本有在庫なので資金ゼロだとチャレンジ難しい

メーカー仕入れは、在庫が必要なので、資金がゼロの人はチャレンジするのは正直難しいでしょう。

 

いくら小ロットで2~3万円から仕入れができるといっても、仕入れ資金があることに越したことはありません。

少なくても十数万円くらいの仕入れ資金を用意しておくのがよいでしょう

この3つがデメリットです。

3.儲かる商品の見つけ方

次に儲かるメーカー商品の見つけ方を2つお伝えします。

  • Amazonで売れている商品から探す
  • 国内の展示会で探す

1つずつ紹介します。

Amazonで売れている商品から探す

Amazonで売れているメーカー商品をどのように探すのか、気になる方もいるでしょう。

1番で簡単なのは、KeepaやKeezonというツールを使いAmazonでどれぐらい販売されているのか、を調べる方法です。

KeepaやKeezonなどのツールを使うと、商品が月にどのていど売れているのかがわかります。

 

月の販売数がわかれば、何個ぐらい仕入れればよいのか判断できますよね。

Keepaは月2,000円ぐらいかかりますが、必要経費として導入するのをおすすめします。

儲かる商品を探すコツ

儲かる商品を探すコツは、2つあります。

  • Amazon自体が出品していない商品
  • 1人出品者ではない商品

この2つを狙っていくというのがおすすめです。

Amazonの商品ページに1人だけ出品しているページがありますが、すでにその人が独占的に販売してたり、OEM商品やオリジナル商品だったりすることがあります。

 

まずはAmazon本体がいないこと、1人出品じゃなくて複数の人がその商品ページで販売をしている、こういうところから自分も仕入れて売れそうな商品がないか探すのをおすすめします。

 

メーカーを見つけたら、Google検索してメーカーさんのサイトを見つけましょう。

メーカーサイトから「商品を仕入れさせてほしいこと」を連絡してみてください。

国内の展示会で探す

国内の展示会だと会社の規模は小さくて、販売してくれる取引先を積極的に探しているメーカーさんがかなり多いですよ。

 

こういうメーカーさんとつながると、良い商品を継続的に仕入れさせてもらえます。

僕のスクール生でも展示会に行き、メーカーさんとつながり商品を仕入れて稼ぎ続けている方もいます。

 

展示会で有名なところだと、ギフトショーですね。ギフトショーは、秋と冬の2回あります。

ほかにも、ジャンルに特化した商品、たとえばペットに特化したインターペット、カメラ関係に特化したCP+とかそういう展示会もありますよ。

4.仕入れ交渉のやり方

よく初心者さんがやりがちなのは、メーカー交渉テンプレートのコピペ。

ネットに転がっているコピペを少し調整したものをメーカーさんにひたすら送りまくる、これはNGです!

 

ネット上に転がっているテンプレートを使うと、メーカーさんに気づかれてしまいます。送られたメーカーさんは「このテンプレートまたきたかぁ」と感じてしまうことも。

メール文はメーカーさんごとに丁寧に作って送るというのがおすすめですね。

 

すこし面倒ですが、この積み重ねが良いメーカーさんと繋がる成果につながりますよ。

あとやはり交渉は、メールや電話よりも対面だとより成約率が高くなります。

 

メールを送るのもよいですが、返信がなければ1本電話を入れてみましょう

またメーカーさんと大きな取引になりそうなときは、1度メーカーさんに直接会いにいくのもよいですね。

 

またメーカーさんのなかには、いまだにFAXを使うところもあります。もしFAXがなければ、eFAXのようなサービスもあるので、検討しみてみましょう。

5.販売方法

仕入れた商品をどうやって売るのか伝えします。販売方法は、Amazonでの販売を前提にお伝えしますので、2種類の販売方法があります。

  • 相乗り販売
  • 新規商品ページを作って自分で販売する

相乗り販売

相乗り販売とは、1つの商品カタログに複数のセラーさんが販売している状態です。

初心者さんにとっては、とても簡単な手法なので、はじめは相乗り販売からはじめるとよいでしょう。

 

できればメーカーさんの商品をあなただけがAmazonde販売できる権利をもらったり、メーカーさんの商品をOEM販売させてもらえるようにします。

自分で新規ページを作り育てていくと、稼げる金額が大きくなりますよ。

 

このように、メーカー仕入れした商品を最初は相乗りで販売していくだけで、月収で10万円以上を十分に狙えます。

自分でページをつくり独占販売ができると、1商品だけで月収で10~20万円、さらに月100万円以上を稼ぐかたもいます。

6.メーカー取引で稼ぐコツ

国内メーカー取引で稼ぐコツは、メーカーさんと仲良くなる、これに尽きます。

メーカーさんと積極的にコミュニケーションをとり、よい仕入れ条件をもらえるようにします。

 

たとえば、メーカーさんが困っていることをきいて、「僕にできることがあれば何でもお手伝いしますよ」という感じでお手伝いをします。

もしオンラインのことがまったくわからないメーカーさんがいれば、オンラインの現状や売り方をアドバイスするのもよいでしょう。

 

オンラインの販売方法や現状って当たり前に知っているように思うかもしれません。しかし、メーカーさんにとってはお宝のような情報かもしれません。

ちょっとした知識をメーカーさんに教えることで、よい関係性をつくれますよ。

 

すこしイメージしづらいかもしれませんが、メーカー取引を学ぶとだんだん感覚でわかってきます。

国内メーカー取引で稼いでる人たちは、メーカーさんと仲良くなっていい仕入れ条件を引き出していますよ。

まとめ

今回は国内メーカー仕入れでゼロから月収で10万円を稼ぐ方法をお伝えしました。

内容をこちらにまとめてあります。

  1. 国内メーカー仕入れって何ってなの
  2. メリットとかデメリット
  3. 儲かるメーカー商品の見つけ方
  4. 仕入れ交渉のやり方
  5. 販売方法
  6. 稼ぐためのコツ

副業や個人の方だと、メーカーさんと直接取引するなんてできないとメンタルブロックを持っている方がいます。

しかし、正しいやり方で進めていけば、副業でも月収で10~30万円とかであれば十分狙っていけます。

 

僕は普段物販ビジネスを教えるスクール運営していて、累計400名以上の方に教えてきました。

スクール生には副業や個人まったくゼロから物販を始めている方もいますが、国内メーカー取引で稼ぎはじめた方もたくさんいます。

 

国内メーカー仕入れをもっと詳しく知りたい方は、今無料のウェブセミナーも行っていますので、ぜひ参加してみてください。

このセミナーでは、物販の超初心者さんがどんな手順で国内メーカー仕入れを進めていけば稼げるのか、を具体的にお伝えしています。

 

実際の商品事例やリサーチ、交渉のやり方についてもより詳しくセミナーでお伝えしていますので、まだ参加されてない方はぜひ参加してみてください。

 

詳細を載せておきますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

(下記よりLINE登録すると、セミナーの詳細を受け取れます)

差別化物販プレミアムセミナー

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

お気軽にお問い合わせください。

メールでのお問い合わせはこちら

メルマガ登録

稼ぐ情報盛りだくさん!無料メルマガ購読