Amazonの売上が激減した理由を暴露

Amazonの売上が激減

弊社のAmazonが絶不調…

こんにちは、HIRAIです

先週はAmazonで
ブラックフライデーもあり、

多くのAmazonセラーが
日商の新記録を達成したり

いい感じの結果に
繋がっているのではと思います。

ところが、
弊社のAmazonが今月絶不調で、

先月と比べても
だいぶ下がってしまいました・・・

今日はその理由を暴露します。

原因は中国人セラーの参入

弊社のAmazonでの主力商品は、
ある有名メーカーの相乗り出品です。

ライバルも多数いますが、
価格面でだいぶ優遇されてるのと、

メーカーの価格規制が
徹底されているので、

定価販売で、相乗りでも
在庫補充するだけで
回転するという良い状況でした。

しかし、
先月の終わりくらいから、

そのメーカーの
売れ筋商品のページに、
中国人セラーが参入してきました。

しかも、正規品のページに
並行輸入品を破格値で
出品してきているため、

カートが回ってこなくなりました。

対抗して価格を下げると、
さらに価格を下げられるので
イタチごっこになり、

値下げは諦めました。

というか、メーカーとの約束で、
価格は下げないというのがあり、

安易に価格を下げることも
できません。

それが今月に入り
さらにエスカレートし、

売れ筋だけでなく、
そのメーカーのほとんどのページが

中国の並行輸入セラーに
荒らされはじめました。

その結果、Amazonの売り上げが
1日10万円以下という日も
出てくるようになり、

在庫も捌けずどうしよう・・・
という状況に陥りました。

さっそくメーカーに相談

社員からどうしよもないです・・
と相談され

メーカーの担当者と
直接スカイプもしましたが、

メーカーもかなり
困っているという事でした。

安売りセラーを食い止めることは
難しくても今回の場合、

正規のページに並行輸入品を
出しているという事が問題なので

そこをメーカー側から
Amazonに報告したらどうかと
提案したところ、

すでにやってるけど
改善されないと言われました。

そのやり方を聞いたところ、
ちょっと甘いなと感じたので

メーカーに、Amazonに何かを
伝える際のある秘策
を伝えたところ、
やってみるとのことでした。

これでどんな結果が出るか
楽しみです!

ピンチはチャンス!と割り切ろう

今回の件で、中国人セラーと
まともにやり合うのは
疲弊しかないと感じました。

今まで一般に言われてる
中国輸入的な手法は
あまりやった事がなく、

よく言われてる中国人セラーの
脅威をあまり感じなかったのですが、
今回はもろに感じました。

Amazonで販売してる以上、
今後この問題は
より増えてくると思うので、

ブランディングや
マーケティング力を高め

自分の商品をAmazonや、
他の販路でも売る力を
より磨いていこうと思いました!

ビジネスは良い時もあれば
よくない時もありますが、

よくない時が成長する時なので、
今がさらに成長できる
チャンスと感じてます!

また結果シェアしますね!

参考になればすごく嬉しいです!
今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございます!

新商品を一気に500万分仕入れました

新商品の仕入れ

不良在庫のリスクはあるけれど…

こんにちは、HIRAIです

先日、僕が5年程正規代理店を
してる主力メーカーから、
注目の新商品がリリースされました。

全モデルと比較しても、
正直革命的に進化した
待望のニューモデルで、

見た瞬間、
間違いなく売れる!
と確信しました。

しかも年末商戦もあり、
時期的にもいい感じです。

弊社の社員も、
この商品はかなり売れそうなので、

最初からガツっと発注しませんか?
と提案がありましたが、

初回で500万円程
仕入れたいという提案だったので、
僕は少し躊躇しました。

というのも、OEM商品など、
MOQの多い商品なら
これくらいはありますが

その商品はMOQは特になく、
必要な分だけ
必要なタイミングで発注でき、

1週間くらいで届くという
商品だからです。

しかも、
仕入れ価格も変わらない・・

このような条件の商品の場合、
僕は不良在庫のリスクを考え、

まめにちょこちょこ
仕入れることを優先してきました。

今回は社員の意向を優先

しかし今回は、社員の意向を優先し
500万円の仕入れをGOしました。

その理由は、社員が500万円分
一気に仕入れたい理由が
理論的で明確だったからです。

この商品売れそうだから
一気にこれだけ仕入ませんか?

という感情的で
漠然とした理由だったら
仕入れのGOを出さなかったのですが

具体的な販売計画と、
いつまでに何個売れるかの予測が
とても納得できるものだったので

僕の中で最初から500万円
仕入れても問題なさそうな
イメージが湧きました。

そして、社員もその商品を
積極的に商品ページ作ったり、

リピーターの常連のお客さんに
個別メッセージと電話で
提案したり

メルマガを書いたり、
既存の商品と組み合わせセット
ページを作ったりと、

積極的な販促をしてくれ、早速
そこからの注文が何件かくると
いう結果にも繋がっていました。

勝率7割ならGO

このように、
自発的に「こうしたい」と提案した
商品の販促って力が入ると思うので、

チャレンジし上手くいって
より自信をつけて欲しいと
思いました。

自分の判断で行った結果
上手くいくと
自信とやる気に繋がります。

この繰り返しが
大きな成果に繋がっていくと
思っています。

実際どうなるかは
やってみないとわかりませんが、

「勝率7割ならGO」と
いう孫正義さんの教えの元
進めています。

(目標は年内には
 安売りせず売り切る!!)

あ~楽しみ!

参考になればすごく嬉しいです!
今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございます!

追伸

自分の売りたい商品を売って
利益を出すって
理想的ですね。

【要注意】ESTAを知らなくて飛行機に乗れなかった件

ESTAを知らないと…

飛行機に乗れなかった…

こんにちは、HIRAIです

ハワイへ行く予定だったのですが

ある出来事があり
ハワイ行きの飛行機に
乗れなくなってしまいました・・・

これを知らないと、
僕と同じ事をして、

家族との大事な旅行や出張に
遅れたり行けなくなったりし

一緒に行く人に迷惑をかける
可能性が大きいので
経験談をシェアします。

ESTAはお持ちですか?

僕はいつも海外へ行く時、
豊富にある
ANAのマイルを使っていきます。

しかし今回は、
ANAマイルで航空券が取れず、
初めて使うDELTA航空を使いました。

海外は何度か行ってるので、

航空券の予約とパスポートさえ
持っていけば飛行機に乗れる
という感覚でDELTAの航空券を取り

出発の1時間半くらい前に
空港でチェックインしようと
思っていました。

ところが、
いざ空港で機械のチェックインを
何度か試みところ、

上手くいかず、
近くのスタッフさんに聞きました。

すると・・・
アメリカのビザはお持ちですか?

と聞かれ、「いいえ」と答えたら
ESTAはお持ちですか?
と聞かれました。

ESTA??
何ですかそれ・・???

と聞き返すと

ESTA取ってないんですか???
ESTAがないと
アメリカにはいけませんよ!

と言われました。

えっ!!!!!
と思い詳しく聞くと、

ハワイ含めアメリカへ行く時は、
出発3日前までにESTAというものを
取らないといけないという事でした。

これは知らなかったです。
楽しみにしていた
ハワイがまさかの中止・・

と思ったら、
いますぐwebで申請すれば
ギリ間に合うかもと言われ、

すぐ申請手続きを進めたのですが、
入力項目が多く
登録に30分くらいかかりました。

そしてついにフライト時間に・・・

この日はハワイへ行くことが
できませんでした。

ESTAって何?

幸い、
ハワイ合宿のスケジュールより
1日前泊で予約取ってましたので、

翌日の飛行機に乗り、
ハワイでのスケジュールには
間に合いました!

ハワイ合宿の他のメンバーでも、
僕と同じくESTAを知らず遅れて
ハワイへ到着した人がいました。

ESTA知ってましたか??

これです
https://jp.usembassy.gov/ja/visas-ja/visa-waiver-program-ja/esta-information-ja/

今回の経験はかなり良い勉強に
なりました。

これが家族との旅行や、
遅れたらやばい重要な
仕事の時だったら大変でしたね。

1日遅れても何とかなる時に
身を持って経験できたので
凄くツイてると思いました。

これで次アメリカへ行く時は
気をつけられますしね。

海外旅行は事前チェックをしっかりと!

飛行機に乗る時の注意点として、

国によってパスポートの
有効期限が半年を切っていると
乗れないというのは

以前知人のFacebookで知り
意識していたのですが

今回新たにESTAという事も
知れて良かったです。

困った時が一番学べると言いますが
ほんとその通りです!

あなたも今後アメリカへ行く際は
気をつけてくださいね!

この経験がお役に立てれば
凄く嬉しいです。

参考になればすごく嬉しいです!
今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございます!

追伸

ハワイは無事満喫でき、
現地での貴重な学びも
多数ありました。

お世話になっている方の
会社の朝ミーティングに
出させてもらえ

その方のビジネスに対する姿勢を
深く学べました。

【Amazon詐欺に要注意】Amazonを装った詐欺の手口を公開します

Amazon詐欺に要注意

スクール生に起こった詐欺事例

こんにちは、HIRAIです

先日、スクール生から
このような相談がありました。

おはようございます。
Amazonから添付画像のメールが届き、

怪しいと思ったので、
テクニカルサポートに
確認しました所

返答は正規のメールとのことで
対応してくださいとなりましたが、

URLをクリックすると
フィッシングの警告が出ました。

再度テクニカルサポートに
連絡回答もらいましたが、
的確な回答が得られず

どう対応したら良いのか
分からず困っています。

現状セラーセントラル画面は
通常通り機能していて、

何も警告や
アカウント制限の案内はありません。

どうしたらよいでしょうか。

メールのドメインはAmazonだけど…

実際添付されていたメールを
確認したところ

account-update@amazon.co.jp
という、

Amazonのドメインから
メールが来ていて

早期対応しないと
アカウントを停止するという

焦りを煽るような
内容のメールでした。

セラーセントラルへ
メールで問い合わせたら、

Amazonからの正規のメールです
と言われたと言う事なので
ビビりますよね・・

正規メールを装った詐欺メールだった!

このケースは初めてでしたが、
怪しいと思ったので調べてみました。

すると、こんな記事を見つけました

https://avohm.info/post-2922/

まさにこれだ!と思い、

セラーセントラル内に
同じメッセージが届いているか
確認してもらったところ、

届いていませんでした。

そのため、
再度セラーセントラルへ電話して
状況を話し、

確認するよう
スクール生に伝えたところ

その方からこのように
連絡をいただきました。

Amazonから最終回答が届きました。

Amazonを装う第3者によって
送信されたもの

と判断すべき案件とのことです。

あ~よかった~

それにしても
ドメインがAmazonぽかったりして
中々巧妙ですね。

気軽に相談できる仲間を作ろう

こんな時、
重要なのはやはり情報です。

一人でやっていて、
こんなことがあった時
聞く人がいなかったりすると

詐欺メールを信じて
後で困ると言う事も
人によっては起こり得ると思います。

困った時に
気軽に相談できる仲間を作ったり、

そんな環境に身を置くというのは
とても重要と日々感じています。

弊社でもちょくちょくありますが
Amazonだけでなくいろんなところで
詐欺が蔓延していますので

ちょっとおかしいなと思ったら、
調べたり人に聞いたりして
乗り越えて行きましょう!

参考になればすごく嬉しいです!
今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございます!

追伸

弊社の場合、
paypal経由の詐欺注文
増えています。

高額商品を扱ってる
ネットショップの
宿命なのか・・・・・

クラファンでいきなり商品が売れた理由が判明しました

プレスリリース

クラファンが急に売れ始めた?

こんにちは、HIRAIです

先週のメルマガの追伸で
こんなことをつぶやきました。

先週1件クラファンプロジェクトを
立ち上げましたが、

思った以上に伸びが悪く
外した感がありました。

ところが、
昨日から一気に売れ始めました。

大きなメディアに露出されたなどは
なさそうなので、
広告の効果かなと思っていますが、

クラファンの担当者に確認中です。

こんな感じで試行錯誤しながら
挑戦中です!

プレスリリースでメディアに告知!

クラウドファンディングで
プロジェクトを行う時、

プレスリリースを打つという
戦略があります。

プレスリリースって何??
という場合は
こちらでご確認ください

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B9

 

超簡単に言うと、

クラファンでこんな日本初の商品を
先行予約販売開始しますよ!

と言うのを
各種メディアに向けて
告知するためのツールです。

プレスリリースを見たメディアが
商品に興味を持ってくれると

メディア内で記事として
取り上げてくれるというものです。

大きなメディアや、
商品と相性の良いメディアに
取り上げられると、

そこから一気に売れたりします。

 

クラウドファンディングの際は
僕も毎回プレスリリースを出して
メディアへアピールしています。

ちなみに僕は、
ここでプレスリリースを
出しています。

https://prtimes.jp/

(見てるとクラファン系の
 プレスも多いです)

例えばこれなんかが
クラファンしましたよ!
っていうプレスです。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000043.000011791.html

プレスリリースで一気に売れた!

プレスリリースを出すと、
その効果がどれくらい出てるかを
管理画面で分析できる機能があり、

その結果を毎日
自分のメルアドへ送ることが
できます。

僕は日々このレポートを見てるので
メディアに取り上げられると
すぐわかります。

この状況の中、
メディアに取り上げられてる
様子なく

先週なぜか売れ始めたので、
広告が効いてるのかと思ってました

ところが先日、

10月5日に一気に各種メディアに
露出されたというレポートが
来まして、

その割に売り上げも
アクセスも増えていなかったため
おかしいなと思ってました・・

それをプレスのサポートに
確認したところなんと、

9月末から10月初めにかけ、
プレスリリースを打つ人が多く、

レポートの日付に
ズレが生じてるのが
原因だと言われました。

つまり、
本当は一気に売れ始めたあたりに、

有名なメディアに
紹介されていたということでした。

なるほど!それなら納得!

けどそういうこともあるんだなと
勉強になりました。

現在進行形で試行錯誤中

クラウドファンディングは
現在進行形で
やりながら学んでいます。

売れる商材選定や、
LP作成、
販売戦略のコツ
など

だいぶわかってきて
かなり楽しくなってきました!

自分の商品として堂々と販売でき
メーカーさんと一緒に
成功するという感じが

今までの物販では
味わえない感覚です。

参考になればすごく嬉しいです!
今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございます!

追伸

自社の商品やサービスを
世の中に広めるために使えます!

やり方やコツは
だいぶ掴めてきたので、

通常の販売にも
活用してみようと考えてます。

お気軽にお問い合わせください。

メールでのお問い合わせはこちら
HIRAIメルマガ
今なら「Amazonに頼らず安定的に月200万稼ぐ4つの鉄則」
教材プレゼント中
無料でセミナー動画と教材をGETする