1. ホーム
  2. 国内、海外メーカー取引
  3. ≫【まだ転売で消耗してる?】利益率70%越えの稼げる仕組みを限定公開!

【まだ転売で消耗してる?】利益率70%越えの稼げる仕組みを限定公開!

利益率70%越えの稼げる方法とは?

こんにちは、HIRAIです。

今回は利益率70%超えの稼げる手法をお伝えします。

転売をしている方でこんなことに悩んでいませんか?

「メルカリやAmazon転売で稼げる商品が見つからない」

「利益率 利益額が低すぎて、時給がコンビニバイトよりも低い」

もしこんなことで悩んでいる転売ヤーがいましたら、今回紹介する方法はかなり参考になります。

 

今回はたった1商品を売るだけで毎月数万円~数十万円中を稼げる方法です。

なかには、数百万円を稼ぐ方もいますので、これから大きく売り上げを伸ばしたいと思っている方もチャレンジしてほしい方法ですね。

それでは早速いってみましょう!

利益率70%越えの儲かる手法とは?

結論からお伝えすると、利益率70%超えの儲かる手法は「独占販売権を取ってライバルに邪魔されずに稼ぐ」方法です。

副業や個人に関係なく実践できる手法ですよ。以下のような手順で解説していきます。

  1. 独占販売権とは
  2. メリット
  3. デメリット
  4. リサーチから仕入れるまでの手順
  5. 販売方法

それでは1番から順番に見ていきましょう!

①独占販売権とは

独占販売権ですが、ある商品を一定のエリアで独占的に販売できる権利のことです。

たとえば、商品Aを日本であなただけが販売できる契約をメーカーさんとあなたが結びます。

 

独占販売権にもいくつかのパターンがあるので、いくつか紹介しますね。

  • 海外メーカーの日本での独占販売権
  • 一部商品を部エリアの独占販売権
  • 国内メーカー商品の販路限定独占
  • 期間限定独占販売権

1つずつ見ていきましょう!

海外メーカーの日本での独占販売権

海外メーカーと契約を結んで日本で独占的に販売ができる契約のことです。

転売をしている方だと、海外メーカーとの契約を思い浮かべる方も多いでしょう。

海外メーカーと独占的に販売できる契約を結ぶと、大きな売り上げを上げられることもあります。

一部商品一部エリアの独占販売権利

一部の商品や一部の地域に限定して独占的に販売できる契約のことです。

海外メーカーの商品だと最低限仕入れる数が多いため、少しリスクがありますよね。

しかし、メーカーさんの中には以下のような条件で独占販売権をえられることがあります。

「この1つの商品だけならよいです」

「日本国内の関東エリアならあなたにあげますよ」

「関西エリアならあなたに任せますよ」

このような条件ですと、最低限仕入れる数もおさえられてますよ。

国内メーカー商品の販路限定独占

海外メーカーだけでなく、国内メーカー商品も独占販売できます。

ただし販売する場所が限られていることがあります。

 

たとえば、「Amazonnだけでの独占販売をお願いします」です。

販売場所だけ限定される独占販売権ももらえることがありますよ!

期間限定独占販売権

販売期間を限定されて販売できる独占販売権もあります。

たとえば、クラウドファンディング。

 

「クラウドファンディングの期間中だけ独占販売権もらえる」というような条件です。

独占販売のなかでも、こういう条件はよく見かけます。

 

以上が独占販売権の種類ですが、メーカーの規模とか条件によって難易度が変わります。

メーカー全ての商品を独占販売しようとすると、それなりの仕入れ数や資金になってしますよね。

しかし、小資金で独占販売を得られることもあります。

  • 駆け出しのメーカーさんへの交渉
  • クラウドファンディング中の独占販売

こういう条件の場合は、比較的契約しやすいですね。

条件も数十個から100個ぐらいの小ロットで、金額も数万円から30万円ぐらいの小資金でチャレンジをできるということも多いです。

 

副業や個人の方でも挑戦しやすいので、ぜひ試してみてください。

独占販売のメリット

次は独占販売のメリットを見ていきましょう。

こちらに独占販売のメリットをまとめてみました。

  • ライバルとの価格競争が起こらない
  • 利益率が圧倒的に高い
  • 販売促進にお金と時間をかけられる
  • 社会的信用を得られる

これも順番に紹介しますね!

ライバルとの価格競争が起こらない

独占販売だとライバルが不在のため、価格競争になりづらいです。

転売やAmazonでの相乗り販売をしていくと、他の販売者が増えてしまい、安売り合戦になることがあります。

せっかく商品を仕入れても、赤字になってしまうこともあるでしょう。

独占販売権だと他の販売者が商品を扱えないため、価格競争がありませんのでオススメですよ。

利益率が圧倒的に高い

転売だと利益率が10~15%前後というイメージを持たれる方も多いでしょう。

独占販売だと粗利で50%以上で、中には70%以上という商品があります

利益率が高いのは、稼げるという話だけでなく、より商品を売るための戦略を考えるためにも重要です。

詳しくは、次で紹介しますね!

販売促進にお金と時間をかけられる

売り上げが100万円で、粗利が15%と70%の場合を比較してみましょう!

売り上げが100万円で粗利が15%だと、15万円。

もし粗利が70%の場合だと、70万円。

粗利が70%の方が、広告やYouTuberへ依頼するなどの広告費用として投資できるのでより稼げます。

 

イメージとしては、粗利70%の商品を販売するのに販促費や手数料とかが30%がかかりまします。

残りが40%程度です。こんなようなイメージですね。

社会的信用を得られる

独占販売だと社会的信頼を得られます。

転売している方に「どんなビジネスをされているのですか?」と聞くと、こう思う方がいるようです。

「自信をもって返答できない」

「真似されたくないから答えられない」

などです。

 

だけど独占販売の場合は「自分はこういう商品を販売しています」と堂々と自信を持って言えます。

これは独占販売権の大きなメリットですね。

独占販売権のデメリット

デメリットはこんな感じですね。

  • 小資金、小ロットでは難しい場合もある
  • 契約を切られる場合がある
  • メーカーが倒産したら共倒れになる
  • 保障問題

これも順番に見ていきましょう

小資金、小ロットでは難しい場合もある

メーカーの規模によっては、小資金小ロットでは仕入れが難しい場合もあります。

数十万円や数百万の仕入れ資金が必要になることもあるでしょう。

副業や個人では難しい契約もあります。

契約を切られる場合がある

メーカーさんによっては、ノルマを決めているところもあります。

ノルマを達成できないと、取引するメリットがないと判断されて、契約を切られてしまうことも。

メーカーさんと契約をする場合は、途中で契約を切られてしまうリスクも承知しておきましょう。

メーカーが倒産したら共倒れになる

契約していたメーカーさんが倒産してしまうこともあります。

もし1つのメーカーさんの商品だけで売り上げを上げていたら、倒産してしまうと収入がゼロになってしまいます。

独占販売権を1つ取れたら、2つ3つと増やしておくのが、リスク管理の面でも大事ですね!

保障問題

独占的に商品を販売しても、お客さんから補償を求められることがあります。

たとえば、お客さんがあなたから購入した商品を使ってけがをしたり、体調を崩してしまった場合です。

国内の大手メーカーであるAmazonでの独占販売ですと、この問題はほとんど影響がないのでご安心くださいね。

海外メーカーさんの独占販売権を取って販売していくときは、万が一を考えて必ず「PL保険」というものがあります。

PL保険に入ってビジネスをしていくのをお勧めします!

 

デメリットについて解説しましたので、次はリサーチから仕入れるまでの手順をお伝えしていきます。

リサーチから仕入れるまでの手順

リサーチから仕入れまでの手順を紹介します。

  1. 海外で売れているけど日本に総代理店がない商品を探す
  2. Amazonで売れている国内商品を探し、メーカーへコンタクトする
  3. メーカーを探し、直接仕入れができるか聞いてみる
  4. 独占販売させてもらえるか聞いてみる
  5. 条件の調整
  6. サンプルを取り寄せる
  7. 独占販売契約をする
  8. 取引開始

1つひとつ見ていきましょう!

①海外で売れているけど日本に総代理店がない商品を探す

総代理店とは、独占販売権をもつ代理店のことです。

日本にはまだ総代理店がない商品を探す方法があります。

 

海外のクラウドファンディングサイトで売れていて、まだ日本にその商品が入ってきていない商品を見つけましょう。

たとえば、海外のキックスタータ(Kickstarter)とかインディゴーゴー(Indigogo)などがあります。

こういうメーカーさんに直接コンタクトして「この商品日本で販売させてもらえませんか?」という風にアプローチをかけていくというようなイメージです。

または海外のAmazonで売れていて、日本ではまだ売られていない商品を探すのも狙い目ですよ。

②Amazonで売れている国内商品を探し、メーカーへコンタクトする

日本のAmazonで売れている国内商品を探して、その商品のメーカーさんへコンタクトをするという方法もあります。

Amazonの商品で独占販売したいものを見つけたら、メーカーさんを探します。

こういった商品も結構見つかりますよ。

③メーカーを探し、直接仕入れができるか聞いてみる

総代理店や日本のAmazonなどからメーカーへコンタクトしたら、直接仕入れができるかを聞いてみましょう。

直接仕入れができると言われたら、次のステップです。

④独占販売させてもらえるか聞いてみる

独占販売ができるかどうかを聞いてみましょう。

交渉する方法はいろいろありますが、独占販売できる条件を聞くのも良い方法です。

⑤条件の調整

たとえば、以下のような条件を求められることがあります。

  • 最低限仕入れる量はどれくらいか?
  • 保証金は必要なのか?
  • どれくらいの期間なら契約できるのか?

こういった細かな条件を、メーカーさんと直接詰めていきます。

⑥サンプルを取り寄せる

独占販売ができそうであれば、あつかう商品のサンプルを取り寄せてみましょう。

お客さんの立場になって、Webサイトに書いてある内容と実際の商品のスペックの違いがないかを確認していきます。

⑦独占販売契約をする

サンプルに問題がなく契約条件にも問題がなければ、メーカーさんと独占販売契約を結びます。

念のため契約前に独占販売の条件を見直しておきましょう。

⑧取引開始

いよいよ取引開始です。

ここまでリサーチから仕入れまでの手順を紹介しました。

メーカーさんとの交渉が独占販売するコツです。

交渉する時のポイントは、相手のメリットを考えて交渉するという点です。

メーカーさんの立場になると、1人の人に独占販売を依頼するのってリスクなんですよね。

 

だから稼ぎたいという気持ちだけで、メーカーさんと価格や仕入れ数の交渉をすると、良い契約がなかなか決まりません。

「とてもすばらしいこの商品をぜひ多くの人にもっと知ってもらいたい」

「使ってもらって喜んでもらいたい。」

「そんなお手伝いをぜひ一緒にさせてもらえませんか?」

このような商品への熱い想いを伝えるというのが、実は一番重要だったりします。

 

僕の周りだと実績があまりなくても、熱意で独占販売権を獲得できている事例も多数ありますよ。

独占販売権が取れたら、いよいよ商品の販売です。

販売方法

最初にオススメするのは、海外メーカーの商品をクラウドファンディングすることです。

他にもAmazonや楽天、自社ECサイトなどで販売をするというパターンもあります。

独占販売商品を売るときの価格は、仕入れ価格の3倍から4倍ほどをつけるというケースも多いです。

例えば僕が使っている1つの独占販売商品は粗利率70%ほどです。

これをAmazonなどで手数料とか時にクーポンを使ったキャンペーンを利用して販売しています。

割引も含めて自分の手元に残る利益率で40%ほどになっております。

まとめ

今回は利益率70%越えの独占販売権についてお伝えしてきました。

  1. 独占販売権とは
  2. メリット
  3. デメリット
  4. リサーチから仕入れるまでの手順
  5. 販売方法

この手順でぜひ独占販売権を取って、利益率40%越えの物販ビジネスを体験してみてくださいね。

個人の方でも1商品で月収10万円30万円、中には100万円とか200万円以上を稼いでいる方もいますよ!

 

これから副業で物販にチャレンジしてみたいもしくは今転売などの物販をおこなっているけど、独占販売にチャレンジしてさらにスケールアップを目指していきたいという方へ。

物販ビジネスで手堅く稼ぐ無料のセミナーも行なっていますので、気になる方はこちらを参考にしてみてください。

(下記よりLINE登録すると、セミナーの詳細を受け取れます)

差別化物販プレミアムセミナー

最後までお読みいただきありがとうございます。

お気軽にお問い合わせください。

メールでのお問い合わせはこちら

メルマガ登録

稼ぐ情報盛りだくさん!無料メルマガ購読