1. ホーム
  2. 秘密の稼ぎ方
  3. ≫【外注化】クラウドワークスで優秀な外注さんを見つける方法

【外注化】クラウドワークスで優秀な外注さんを見つける方法

こんにちは、HIRAIです。

 

今日は、クラウドワークスで優秀な外注さんを見つける方法をお伝えします。

 

普段、物販ビジネスをしていて「この作業を誰かに外注化できたら、日々の仕事が楽になるのにな~」と思うことありませんか?

あなたの時間は有限なので、何でもかんでも自分でやっていたら、あっという間に1日が過ぎてしまいますよね。

こんな時、結果を出している人たちは、すべて自分で抱え込んでやろうとせずに「外注化」をうまく使いこなして効率化しています。

ただ、外注化と聞くと「難しそう!」とか「自分はまだ人にお金払ってやってもらうほどお金に余裕ないし」とか「自分はまだそのタイミングじゃないな」と思って外注化できない人も多いと思います。

そこで、今日は、副業とか個人でビジネスしている方向けに、

外注化の手順やあなたのためにバリバリ仕事を手伝ってくれる優秀な外注さんを見つけるコツを詳しくお伝えしていきます。

 

外注化に対するメンタルブロックが外れて、日々の膨大な作業地獄から抜け出せるヒントを得られると思います。

 

外注募集サイト紹介

まず、外注募集サイトの紹介です。

自分の仕事を手伝ってくれる外注さんを探そうと思ったとき、どこで探せばよいのか悩みますよね。

有名な外注サイトをいくつか紹介します。

・クラウドワークス
・ランサーズ
・@SOHO
・ココナラ
・シュフティ

 

僕はクラウドワークスをよく使っていますので、クラウドワークスでの外注化の方法をお伝えしていきます。

 

外注化のメリット

 

まず、外注化のメリットについてお伝えします。

外注化すると、自分が本来やるべきことに集中できるようになります。

外注化というのは、あなたが行っている細々した作業を誰かを雇ってやってもらうことです。これは時間をお金で買うということなんです。

 

外注化すると、結果的にあなたの時給が上がります。

 

あなたの時間は有限ですよね。その中で、より利益につながる重要な仕事に投資できるようになれば時給が上がりますよね。

外注化して時間を買うと、自分がやるべき優先度の高い仕事に充てる時間が増えていきます。

外注化は時間への投資ですから、先に多少お金が出ていきますが、将来の自分の時給をあげるためと割り切ってチャレンジしましょう。

 

外注化のデメリット

 


外注化のデメリットは、あまりありません。

強いて言えば、外注化がうまくできていない場合は、投資した金額に対するリターンが少ないことがあります。

例えば、3万円で仕事を外注したのに、そこから生み出された利益が1万円だったら損してしまっていますよね。

 

ただ、これからお伝えする外注化のコツをつかめば失敗は少なくなっていくはずです。

また、外注を雇ってみたら、すごい変な人でトラブルになってしまうこともあります。

このあたりも、優秀な外注さんを見つける方法をお伝えしますので安心してください。

 

外注化するタイミング

 

外注化するタイミングは、あなたの使える時間によります。

副業の方で、1日1~2時間しか使えない方であれば、早い段階から極力人に任せていくほうが良いでしょう。

しかし、専業で取り組んでいる方で時間に余裕がある方であれば、最初は一連の流れを自分で覚えるために、極力自分でやってみて、自分でやらなくても良い作業的な仕事が分かってきたら、それを外注化するのが良いと思います。

 

作業系の仕事なら、最初から外注化することをお勧めしますが、

クリエイティブ系の仕事の場合は、まず自分が実践して、一連の流れがわかってから人に任せるようにしましょう。

例えば、物販の業務をやっていく一連の流れの中で、梱包・配送などの単純作業がありますよね。こうした作業系の仕事は外注化して問題ありません。

しかし、儲かる商品を探すリサーチは利益に直結する仕事になります。

このような仕事は、まず自分が実践してみてやり方のコツが分かったところで外注したほうが良いです。

 

リサーチは大変なので、すぐに外注化したくなってしまいがちですが、自分がよく分かっていない仕事を人に任せるのは難しいですよね。

外注さんに「儲かる商品を探しておいてください」と言っても、具体的に方法を教えられなければ、外注さんもどのように探したらよいか分からないのではないでしょうか。

利益に直結する仕事は、まず自分が実践してやり方やコツが分かってきた後に、徐々に外注さんを使うのがコツです。

 

優秀な外注さんの探し方

 

優秀な外注さんの探し方をお伝えしていきます。

募集文の書き方を工夫すると優秀な外注さんを見つけられます。

 

募集内容はできるだけ具体的に記入しましょう。

ざっくりとした内容で募集すると、応募された方と認識のズレが生じてトラブルになりやすいからです。

何を外注さんに任せたいのかを事前にしっかり洗い出して、より具体的にやってほしいことを募集文の中で丁寧に記入しましょう。

募集文がしっかりしていると、あなたの希望を叶えてくれる良い外注さんを見つけられるようになっていきます。

 

しかし、初心者さんであれば、どのように外注さんを募集すればよいのか、募集文の書き方が分からないかもしれませんね。

良い募集文を書くためのコツをお伝えします。

それは、あなたが行ってほしいのと同じような仕事を募集している他の人の募集ページを参考にすることです。

もちろん、コピペや丸パクリはいけません。文章の構成やポイントを参考にするのです。

 

まず、タイトルが大事です。

応募する方はタイトルが魅力的かどうかで判断しています。本文の内容が具体的かどうかもチェックしてください。

具体的にどんな作業をどのようにしてほしいのか、分かりやすく書いている募集文を参考にしましょう。

仕事の単価も確認してください。

外注化したことがなければ、外注費用の相場観が分からないと思いますので、既に募集している人たちがどれぐらいの単価で募集しているのか参考に、あなたの仕事の単価も決めていくようにしてください。

 

良い外注さんを見極める方法

 

良い外注さんを見つけるコツは7つあります。

・評価と内容をチェック
・応募内容
・レスポンスをチェック
・面談する
・複数人と比較する
・テストする
・試用期間を設ける

 

これまで、僕が外注さんを募集してきた中で、かなり重要だと思うことを挙げてみました。

順番に解説していきます。

 

評価と内容をチェック

 

外注さんがあなたの募集に応募してきたら、その方の評価と内容を必ずチェックしてください。

クラウドワークスなら、あなたの仕事に応募してきた外注さんの過去の仕事の評価を確認できます。

レビューがたくさんついていて「仕事が早い」とか「ちゃんとやってくれました」など良い内容がたくさんある方でしたら安心できます。

しかし、逆に評価が全くなかったり、悪い評価が入っている方は気を付けたほうが良いでしょう。

 

応募内容

 

次に、応募の内容をチェックします。

応募の内容を見るポイントは、最低限のビジネスマナーができている人かどうかということです。

 

あなたと応募してくる方はファーストコンタクトになります。

ファーストコンタクトの時に「なんか、この人、文章大丈夫かな?」という疑問を感じるような応募文が送られてきた場合は要注意です。

普通の会社なら履歴書を送るとか、面接を受けるとか、初対面のファーストコンタクトは一番よく見せたいところですよね。

その時点で違和感を感じさせる人というのは、その後に何らかのトラブルを起こす可能性があります。

 

僕も何度か失敗しているので、応募文を読んだ時の違和感に注意してくださいね。

 

レスポンスをチェックする

 

応募してきた方とのメッセージのやり取りでレスポンスをチェックするようにしてください。

ビジネスはスピードが命ですよね。

メッセージを送って、返信がどれくらいのタイミングで来るかをチェックすると、仕事を素早くやってくれるかどうかが分かります。

返信がすぐに来る人は、仕事もレスポンス早くやってもらえる可能性があります。

逆に、返信が1日~2日経ってから来るような人の場合は、仕事をお任せした時にも作業が遅くなる可能性があります。

 

面談する

 

外注募集サイトによってルールが異なりますが、申請すれば面談できるケースが多いです。

単発の仕事の場合は面談までしなくても良いかもしれませんが、

長期的に仕事をお任せしていく場合には良い人を選びたいので面談することをおすすめします。

 

複数人と比較する

 

応募してきた方が複数いる場合には、何人かの方に仕事を任せて比較してみるのも良い方法です。

必ずしも最初から1人に決めなければならないルールはありません。

例えば、2~3人に同時にお任せしてみて、実際に仕事をしてもらったうえで、より良い人に仕事を多く任せていくこともできます。

 

テストする

 

最初にテストすると、募集している仕事に適性のある外注さんを見つけやすいです。

臨機応変さが求められるような仕事の場合は、事前にちょっとしたテストをやってもらい、そこで採用するかどうかを決める方もいます。

 

試用期間を設ける

 

長期的に働いてもらいたい外注さんを探している場合は、試用期間を設けるのもおすすめです。

例えば、3か月間の試用期間の後に、継続的にお任せするかどうかを判断するのも良い方法です。

 

 

優秀な外注さんを見つける7つのコツを紹介しました。

もちろん、すべてチェックしなければいけないわけではありません。

単発の仕事か、長期でお任せしたい仕事かによって、どこまでチェックするかは変わるはずです。

長期の仕事の場合は、外注さんはビジネスパートナーになるわけですから、しっかり選びたいですよね。

 

外注化の注意点

 

僕の経験に基づいて、外注化の注意点をいくつかお伝えします。

外注募集サイトのルールに従う

 

外注化する場合は、必ず、その外注募集サイトのルールに従うようにしましょう。

例えば、クラウドワークスなら、外注さんとの直接取引は禁止です。

他の外注募集サイトでもルールがあるはずです。そのようなルールをしっかり読んで、それにしたがって外注さんを募集してください。

外注募集サイトのルールに従わなければ、アカウント停止になって、そのプラットフォームを使えなくなるリスクがあるからです。

 

簡単な仕事から外注する

 

また、外注化する場合には、簡単な仕事から外注してみましょう。

まだ外注化したことがない場合は、10の仕事があるとしたら、1割か2割くらいの簡単な仕事から外注していって、徐々に人に任せる方法を学ぶようにしましょう。

やがて外注化に慣れてきたら、5割、6割、7割と、多くの部分を外注できるようになっていきます。

 

自分が分かっている仕事を外注する

 

自分が分かっている作業を外注するのも大事です。

商品の梱包や発送など単純な作業であれば、すぐに外注してもかまいません。

しかし、商品のリサーチなど頭を使う仕事は、まず自分で実践してから外注するのが大事です。

 

関係構築も大切

 

外注さんとの関係構築も重要なポイントです。

外注さんが働きやすいように、思いやりの心で仕事環境を作っていくようにしましょう。

働きやすい環境を作る努力が分かってもらえると、外注さんもしっかり働いてくれるようになるものです。

外注さんに長期的に働いてもらえるようになれば、結果として、あなたの収入も時給も上がっていき、自由に使える時間も多くなっていきます。

 

価格だけで選ばない

 

外注さんは、価格だけで選ばないようにしましょう。

できるだけコストを抑えたいと思いますが、あまりにも単価の安い人に任せるのは不安です。

例えば「ホームページを作る仕事を1件5万円ぐらいでやってくれる人いませんか」という募集をした場合、「私は1000円でやります」みたいに極端に安い金額で応募してこられる方がいます。

僕の場合は、5万円での募集に対して、ちょっと安いくらいの4万円での応募とか、適度なバランス感覚のある方を選ぶようにしています。

 

外注さんに長く働いてもらうコツ

 

外注さんに対して行っていることをシェアします。

僕は、自分の仕事を手伝ってくれる人を選ぶときには、実績と人柄を重視して選んでいます。

とくに人柄を重視するようにしています。

やる気があって、誠実で、信頼できるなと思える人を選びます。

それで、長期的に仕事を手伝ってくれる人を選びたいときには、最初に面談をしたり、スクールの受講生さんの中から、一緒に仕事をやりたいなと思える方にこちらから声をかけて仕事を手伝ってもらうこともあります。

長期的に仕事をお願いしたい外注さんを見つけたい場合には、僕の方法を参考にしてください。

 

外注さんには、僕と仕事をすることで大きなリターンを得てほしいと思っています。

それで、「うちの仕事をしていて困ることはありませんか?」と声かけしたり、年末にはちょっと気持ち程度にボーナスを出したりとかしています。

外注さんへの気遣いを意識してきた結果、長い方だと7年以上働いてくださっている主婦の方もおられます。実際、会ったことはないのですが、信頼できる外注さんです。

ぜひ、あなたも優秀な外注さんを見つけて仕事をどんどん任せていってください。

 

まとめ

 

今日は、クラウドワークスで優秀な外注さんを見つける方法をお伝えしてきました。

外注募集サイトの紹介では、クラウドワークスを例にとって外注化のやり方を説明しました。外注募集サイトは複数ありますので、ご自身に合ったところや使いやすいところを選んでいただければと思います。

外注化のメリットやデメリットもお伝えしました。

メリットは、外注化によって自分が本来やるべきことに集中でき、時間をお金で買えることです。結果的に自分の時給が上がっていきます。デメリットは、支払ったお金以下のリターンしか得られないことや、変な人を雇ってしまうリスクです。しかし、どちらのデメリットも、今日お伝えした外注化の方法で解決できます。

外注化のタイミングは、あなたがどれほど時間を使えるのかにかかっています。

使える時間が限られているなら、より利益につながる仕事に時間を集中させるために早い段階で外注化しましょう。もし、時間がたくさんあるなら、まずは1年自分でやってみて、簡単なところから少しずつ外注化していくことをおすすめします。

優秀な外注さんの探し方もお伝えしました。

外注さんの評価と内容をチェックしてください。応募内容はファーストコンタクトのビジネスマナーを確認することです。初対面の印象が微妙な方が、その後良くなっていく可能性は低いでしょう。過去の実績を見せてもらえば、外注さんの仕事にどれくらいのクオリティを期待できるかわかります。

メッセージのやり取りでレスポンスを確かめるのも重要です。ビジネスはスピードが命なので、早めに対応してくれる人がおすすめです。長期で外注さんを雇いたい場合は、面談してみましょう。できればテストをしたり、試用期間を設けていくことに取り組んでみてください。

 

単発で任せる仕事なのか長期的に任せる仕事なのかにより、チェックするポイントが異なってきます。

短期だったら、すぐにやってくれる人が優先です。

長期だったら、ビジネスパートナーを探すつもりで、じっくり時間をかけて探すのが良いでしょう。

外注さんをうまく使うことで、あなたの時給を上げていくことが可能になります。

 

働く時間を半分にして収入を2倍にしていくことも十分可能になります。

 

今日の記事を参考にしながらできるところから外注化チャレンジしてみてください。

外注化戦略も含め、個人でもできる物販ビジネスの成功の肝をお伝えするウェブセミナーも好評です。もし、興味があれば参加してみてくださいね。

(下記よりLINE登録すると、セミナーの詳細を受け取れます)

差別化物販プレミアムセミナー

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

お気軽にお問い合わせください。

メールでのお問い合わせはこちら

メルマガ登録

稼ぐ情報盛りだくさん!無料メルマガ購読