1. ホーム
  2. ネットショップ
  3. ≫商材のカテゴリは絞った方が良いのか?

商材のカテゴリは絞った方が良いのか?

商材のカテゴリは絞った方が良い?

商材のカテゴリは絞った方が良い?

コンサル生からのよくある相談で

「取り扱う商材のカテゴリは絞った方が良いのか?」
というものがあります。

今日はこれに関して最近僕が思っている
ことをシェアしますね!

まず意識していただきたいのは
商材のカテゴリを絞る絞らない共に
メリットデメリットがあります。

絞るメリット

絞るメリットは

  • ジャンルを集中することで商品知識も付き、なんとなく儲かりそうという理由で表面的なとこだけを見て取り扱ってるセラーが見えないキャッシュポイントが見えて収益化できる。
  • 副業、個人事業主という感じで一人物販やそれに近い形で行う場合は、リソースを1点集中させた方が大きな成果が出やすい。
  • 一つのジャンルを深掘りすればするほど楽に収益化できるようになり、永遠に新規商品をリサーチし続けるリサーチ地獄から抜け出すことができる。

絞るデメリット

次に、絞るデメリットは

  • そのジャンルが衰退すると自分のビジネスも衰退する
  • そのジャンルに強烈なライバルがいると飲み込まれ、ビジネス全体が影響を受けることがある。
  • 主力商品がなんらかの原因で取り扱えなくなると収益が激減する。

絞らないメリット、デメリットはこの逆と考えていただいて
大丈夫かなというところです。

 

僕は最初はホントいろんなジャンルの商品を
手当たり次第取り扱ってきました。

釣り、アウトドア、カメラ、ペット、人形、電動工具系、
スーツケース、水遊びグッヅ、雪遊びグッヅ、アンティークなど・・・

ざっと思いつくだけでも多ジャンル扱ってきました。

基準は、リサーチした結果利益が出るかどうかだけで扱ってきました。

ここでいう利益が出るかどうかは、価格差があるかどうかという感じです。

 

この状況で物販してきて販路も広げまくったのですが
結果広く浅くでどれも中途半端な感じになったんですね・・・

この時、一番儲かってた時はどんな時だっけ?

と振り返ってみると、1つのことに集中して行ってる時だって
気がつきました。

 

例えば、Amazon転売に集中していた時は
右肩上がりで収益伸びましたし

ネットショップで1メーカーの商材を集中的に
売りまくってた時もインパクトのある金額を
短期間で得ることができました。

そうか!今の現状を受け止めて
いらないものを捨てて利益の出ることに
集中すれば結果出るんだ!

こう思い断捨離し、選んだ道がカテゴリ集中でした。

当時、取り扱ってみてこのカテゴリは行けそうだなと思っていた
カテゴリに絞りました。

 

これは本当によくて

  • どんどん商品知識が付き、物を売るだけでなくコトを売って収益化できたり
  • 強いライバルがいても違う切り口で差別化して収益を上げれたり
  • 仕入先への交渉もジャンルを絞りことで交渉の成約率もグッと上がったり

このようにいい感じになりました。

僕の結論は・・・

上記踏まえ僕の結論は・・・

もしあなたが今現在得意ジャンルやこれだって思える商材が
ない場合は、ジャンル絞らずいろんな商材を扱ってみた方が良いです。

その中で
自分の得意ジャンルを見つけ、
徐々にそのジャンルに絞る方向へシフトしていく

というのがオススメです。

個人が物販で収益化するにはこれかなって思っています。

追伸

youtubeチャンネルをはじめました!
https://www.youtube.com/channel/UClBiDuoSX9cEdtF-vz1IiCw?view_as=subscriber

物販お悩み相談所という感じで
日頃よくいただく物販に関する質問や
人生の質を上げるために僕が日々意識してること
オススメの習慣などを短めの動画で
どんどんシェアしていこうと思います!

文章読むより動画や音声で聞く方が良い
という方には特にオススメです!

まず記念すべき1本目を作りました!

これです

こんなこと動画で話して欲しいなどリクエスト
あれば下記までご連絡ください!
hirainet001@gmail.com

お気軽にお問い合わせください。

メールでのお問い合わせはこちら

メルマガ登録

稼ぐ情報盛りだくさん!無料メルマガ購読