1. ホーム
  2. ネットショップ
  3. ≫売れる商品ページ作りのコツ

売れる商品ページ作りのコツ

「売れる」商品ページは必須!

こんにちは、HIRAIです

●今日のテーマは
「売れる商品ページ作りのコツ」
です

先週末は
差別化物販戦略塾のセミナーでした。

差別化物販戦略塾では

「仕入れ」と「販売」

を差別化し、個人が物販ビジネスで
勝ち続ける方法を

6ヶ月のカリキュラムで
お伝えしています。

 

今回は
「売れる商品ページ作りセミナー」
という、

販売力UPに特化した内容で
行いました。

売れる商品ページが
作れるようになると

Amazonで利益を
あげられるようになるだけでなく

他のどの媒体で販売する時にも
ノウハウを使えます!

 

メーカー仕入れ実践者には
「仕入れ」はできるようになっても
販売力がなく、

相乗りしか販売手段がない
という方も少なくありませんが

今後メーカー仕入れ×Amazon販売で
利益出すために、

自分の商品を持ち
売り方を学ぶのは
必須
と思っています。

「画像で勝ちに行く」

先週のセミナーで、
販売力アップで
重要なポイントとして

「画像で勝ちに行く」という事を
伝えました。

ちょっと
イメージしてみてください!

あなたは普段Amazonや楽天で
買い物をする際、

商品を買うかどうかを
どうやって判断していますか?

実はこの時、あなたが無意識で
行っている、

「商品を選ぶ基準」の中に
販売力を上げるヒントがあります。

商品ページを作る時のコツは
その商品を買おうと思ってる
お客さんが

どんな情報を必要としているかを
理解する事です。

これを画像で表現できると
売れます!

説明や価格よりも、まず画像!

例えばですが
先日僕は、ワイヤレスイヤフォンが
欲しいと思いAmazonで検索しました。

すると、このように出てきました。

 
僕はAmazonでの中国人セラーの現状
など知っているので、このページのレビューを見て

これ本当・・?

と疑いから入ってしまいました。

そんな中で
この商品が目にとまりました。

 
メーカー名も聞いたことあるし

タイトルの中にも
僕が必要としていた
キーワードが含まれているし

と思い興味を持ちクリックしました。

商品画像をさらっと見たところ

2,3,6枚目を見て

  • 販売実績があるから大丈夫
  • コンパクトで僕のカバンに入れて手軽に持ち運べる
  • 使用時間が明確で、これなら僕の希望も満たしている

という情報を確認することが
できましたので

それ以降の説明文や価格は気にせず
購入しました。

このように、
相手が求めてる情報を理解して、

それを相手が手に入れられると
イメージできる内容を
わかりやすい画像で表現する

というのがポイントです!

ここが決め手で
僕はこのイヤフォンを買いました!

 

こんな事例も交えながら

転換率の上がる(売れる)
商品ページの作り方を
セミナーでは4時間話しました。

参考になればすごく嬉しいです!
今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございます!

お気軽にお問い合わせください。

メールでのお問い合わせはこちら

メルマガ登録

稼ぐ情報盛りだくさん!無料メルマガ購読