1. ホーム
  2. 仕入れ
  3. ≫メーカーへの電話交渉をうまく行う方法

メーカーへの電話交渉をうまく行う方法

メーカーへの電話交渉をうまく行う方法

電話や対面での交渉が苦手な場合は…

こんにちは、HIRAIです。

メーカー仕入れで成果を出すポイントで
「電話で交渉する」ということがあります。

メール<電話<対面

という感じで、接触が大きくなるほど
交渉や関係構築はしやすくなります。

そのため、
メールで交渉して返信がなければ
電話してみましょう
と、
コンサル生には教えています。

 

しかし、中にはこの電話や対面がネックと感じる方もいます。

理由はこのようなものが多いです。

  • 電話だとうまく話せない、自分の言いたいことを伝えられない
  • 緊張する
  • 即答できないことを聞かれたらどうしようと不安に思ってしまい躊躇している
  • 自分は個人、副業、主婦だからメーカーに直接電話や対面で交渉するのは勇気がいる

確かに、僕も以前はこのようなことを感じたこともあるので
気持ちはよくわかります。

そこで、僕自身も過去実践しこのような悩みを解決した
方法をお伝えしますね。

カンペを見てもOK!

メーカーへ電話交渉するときにうまく行うコツは

「カンペを見ながら電話交渉することです」

事前に、何を話すか、何を聞くかを
箇条書きで良いので紙に書いておきます。

それを見ながら交渉するとあたふたせずスムーズに
話せることが多いです。

相手は電話越しにあなたがカンペを見ながら話してるなんて
わかりませんので、どうしても話がぎこちなくなるとか
緊張するという場合は

堂々とカンペを見て交渉してみましょう!

 

そして、対面で交渉する場合は
何を話すかを同じように紙に書き出し
それを相手に伝える練習をしてから
臨むとうまくいきます。

事前のシミュレーションが効果的

以前、僕は人前で話すのがすごく苦手で
あがり症だったのですが

克服したいと思い人前でできるだけ話す機会を作り
練習しました。

その時いつも行ってたのは
話すことを何回も事前にシュミレーションし
本番に臨んだということです。

例えば、前職の朝の5分間スピーチというのがあり
順番が回ってくると、事前に話すネタを考え
家でなんども練習して本番に臨みました。

すると、それなりにうまく話せて
周りからはスピーチうまいとか言われるようになりました。

このように、たかが会社の5分間スピーチのために
裏でかなりの努力をしてたのですw

 
こんなことをいろんな場面で繰り返し続けた結果
今は人前で話すのは緊張しませんし

事前に何回も練習しなくてもスラスラ話せるようになりました。

そして、人前で話すのが苦手でしたが
有料のセミナーをしたり、メーカーと会って
有利な条件での交渉ができたりし

それが収入に直結するようになりました!

 
もし電話や対面での交渉をしたいけど
苦手という場合は

是非カンペと以前の練習をすることを
取り入れてみてください。

これは僕だけでなく
今までに同じ悩みを持つコンサル生にも
アドバイスしてきて

着実に成果に繋がってる方法なので
かなり自信を持ってオススメできます!

 
参考になればすごく嬉しいです!
今日も最後まで読んでいただきありがとうございます!

追伸

最近、PCのやりすぎで目の疲れが
あったのですが

これ使ったらだいぶ楽になりました。

安いし手軽に使えるのでオススメですよ!

お気軽にお問い合わせください。

メールでのお問い合わせはこちら

メルマガ登録

稼ぐ情報盛りだくさん!無料メルマガ購読