1. ホーム
  2. 稼げる考え方
  3. ≫自分の商品は実際使ってみた方が良いのか?

自分の商品は実際使ってみた方が良いのか?

物欲がない人も・・

こんにちは、HIRAIです

「私物欲が
あまり無いんです・・・」

これ、物販やってる方から
よく聞く発言です。

あなたは当てはまりますか??

僕は6割くらい
当てはまるかな・・?

という感じです。

どうせ買うなら
良いものが欲しいので
高い物も時々買いますが、

余分なものにホント
お金使わないです。

妻にもよく、
「無駄使いホントしないよね~」と
感心されますw

周りの物販仲間を見ていても
物欲がある人が少ないと感じます。

何でですかね~???

実際に使ってみてこそ、価値が分かる

まあ、それは良いのですが・・

今日伝えたいのは、物欲がなくても
自分の扱う商品は使ってみた方が良いですよ~

ということです。

よく転売や、相乗りの
メーカー仕入れをしてる方で

  • 自分の商品は誰が何のために使うのかよくわからない
  • 契約してる倉庫に全て届くので、実物を見たことが無い

と言う方がいます。

これでも物販ビジネスは
できてしまうのですが

販売力を身につけ、
ライバルと差別化して
勝ちに行きたいと思ったら、

自分の商品について
知ることは大事です。

売れる商品ページを作る際、
あなたの商品の顧客が
誰なのかを知り、

その人に向けた商品ページを
作ることが大事です。

(よくペルソナと
 言われるやつですね)

そのためには、その商品は

誰のどんな悩みを解決したり
どんな幸福をもたらすのか

知るため

商品知識は身につけた方がよいです。

商品知識を身につける方法は
色々あるのですが

実際自分がその商品を
使ってみるのは有効的です。

成功しているコンサル生の実例

コンサル生の方で、
バーベキュー用品を
販売してる方がいますが、

その方は河原で
一人バーベキューをして
商品を試してみたと言われてました。

結果、その方の商品ページは

実際の写真や使うイメージが
具体化されていてわかりやすく
販売件数も伸びています。

使ってみてこそ、商品がよく分かる

僕も今新規で販売しようと
思ってる商品があるのですが
毎日使ってみています。

転売や相乗りのメーカー仕入れの
場合は横展開でいろんな商品を
広く扱うことが多いのですが

深く関係構築できたメーカー商材や
独占販売権を取得した自分の商品を
販売する場合、

少品種で大きな利益を出すために

その商品を深く知り、
売れる商品ページをしっかり
作り込むスキル

必要になってきます。

参考になればすごく嬉しいです!
今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございます!

追伸

近々、販売力を身につけるための
勉強会
をやろうと思います。

この辺は難しく思ってる方が
多いのですが
ポイントを抑えればできます!

興味ある方は
是非参加してみてください!

お気軽にお問い合わせください。

メールでのお問い合わせはこちら

メルマガ登録

稼ぐ情報盛りだくさん!無料メルマガ購読